横浜市 鶴見区の歯科医院「オータワ歯科クリニック」は、一般歯科をはじめ、小児歯科、義歯、インプラント、口腔外科、矯正、定期検診を行っており、中でも小児歯科に力を入れております。

インプラント治療

インプラントとは、失われてしまった歯の代わりに人工の歯根を顎に埋め込んで、その上に人工の歯を置いてかみ合わせを回復させる治療法のことです。一般的な義歯(入れ歯)と違って、使わない顎の骨がやせるリスクがありません。ブリッジ治療のように、健康な歯を傷つける心配もありません。審美性にも優れています。
当院では国産AQBインプラントを採用しております
国産AQBインプラントは、安心・安全であるとともに、その手技のシンプルさゆえ、治療時間の短縮が可能となり、ついては患者様の身体面、コスト負担の軽減にもつながると考えております。

国産AQBインプラントの特徴

  • 治療時間を短縮

    インプラント治療の手術方法には「一回法」と「二回法」があります。その名の通り、一回法は手術が1回で終わりますが、二回法は2回かかります。一回法は患者様の負担が少なく、二回法は感染率が低いというメリットがあります。当院では一回法を採用しています。

  • オペ時間を短縮

    当院ではチタン表面と歯肉の親和性に優れるAQBインプラントを採用しています。このシステムは術式が非常にシンプルであり、時間がかからないという特徴があります。

  • テクニカルエラーの軽減

    AQBインプラントは術式がシンプルであり、また必要とされるツールも最小限にとどめられています。適応症例も広く、テクニカルエラーの軽減が患者様のための安心安全な歯科治療の提供となります。

  • コストの低減

    AQBインプラントは術式がシンプルであるため、導入コストやランニングコストを抑えることができます。

インプラント適応例

次のような場合の方は、インプラント治療を行うことになります。
歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。

  • 健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していました。
  • 健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。
歯を数本失った場合

  • 局部的な入れ歯を用いて治療を行っていました。
  • インプラントを何本か用いて治療を行います。
    入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
歯を全て失った場合

  • 総入れ歯
  • この方法なら、食物がいればと口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

インプラント治療の流れ

  • 審査と治療計画

    インプラント治療に必要な診査を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。その後、治療計画を立てます。
  • フィクスチャー埋入の手術

    歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。
  • 治癒期間
    この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヶ月)
    治癒期間は骨の質などにより、個人差があります。
    この間、必要に応じて、仮の歯を入れることもあります。
  • アバットメントの連結

    人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
    この時、簡単な手術を行う場合もあります。
※この治療の流れは、簡単な流れを説明したものです、
患者様一人一人の状況によって異なりますので、ご了承ください。

インプラント治療のよくある質問

  • Q.誰にでも治療は受けられますか?
    年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受けることができます。ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合もありますので、御相談ください。
  • Q.手術の際に入院が必要ですか?
    基本的には入院の必要はありません。但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には、入院して手術を行うこともあります。
  • Q.治療期間はどのくらいかかるのですか?
    インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。
  • Q.インプラントはどのくらいもちますか?
    患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合があります。常に衛生状態を良好に保ち、指導に従っていただくことが大切です。
  • Q.治療費用はどのくらいかかりますか?
    現在は保険治療の適用になっていません。
    埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは御相談ください。

医療費控除の対象

インプラント治療は自由診療であるため、治療費が高くなりがちですが、医療費控除の対象となっています。医療費控除とは家族や自身のために、ある年の1月1日~12月31日までに支払った医療費の合計が10万円を超えた場合に医療費の所得控除が受けられる制度です。申告し忘れていた場合も、5年前までならさかのぼっての請求が可能です。

通院のための交通費や駐車場代、付き添い者の交通費なども対象となるので、領収書などはしっかりと保管しておきましょう。