横浜市 鶴見区の歯科医院「オータワ歯科クリニック」は、一般歯科をはじめ、小児歯科、義歯、インプラント、口腔外科、矯正、定期検診を行っており、中でも小児歯科に力を入れております。

妊婦さん向けQ&A

ここでは、妊産婦の皆様からよくあるご質問に対しての回答をご紹介致します。
もちろん、直接お問い合わせいただく事が、一番安心かと思いますが、こちらをお読み頂き、少しでも不安を軽減していただければと思います。
  • Q.つわりで十分な歯磨きができません。良い方法はありますか?
    つわりの時は、歯磨きが辛いと思います。でも、歯を磨かなかったり、いい加減な磨き方をしていると、虫歯ができやすくなるだけでなく、歯肉が腫れ出血しやすくなります。
    つわりの時は、こんな工夫がおススメです。
    ◎体調の良い時間帯に磨く
    ◎ぶくぶくうがいを十分に
    ◎歯ブラシは小さ目を選ぶ
    ◎顔を下に向けて磨く
    ◎ながら磨きをする
    ◎においの少ない歯磨き剤のススメ

    歯磨きの仕方はこちらもご覧ください ▶

  • Q. 妊娠すると虫歯が増えますか?
    妊娠中は口腔清掃が不十分になりやすいことに加え、食事も一度に多くは食べられないので、どうしても間食の回数も増えてしまい、お口の中の環境は悪化してしまう傾向にあります。
    更に、唾液の分泌も低下して、虫歯菌の出す酸を中和し、洗い流す動きが悪くなり、虫歯になりやすい時期と言えます。
    そこで、予防策としては、食後のうがいや寝る前の丁寧な歯磨き、さらにフッ素やキシリトールなども効果的でしょう。
  • Q.妊娠すると歯肉の腫れと出血がふえますか?
    「妊娠性歯周炎」といって、妊婦の約半数以上の方々に見受けられます。妊娠すると、つわりによっては磨きがおろそかになったり、ライフスタイルの変化が影響しているのですが、実は妊娠によって高まった女性ホルモンがこの歯周炎に大きく関連していることが明らかとなっています。
    ただし、適切なお口のケアによって、歯肉の腫れや出血を改善することは十分可能ですので、かかりつけ医に相談し、チェックをしてもらいましょう。

    治療を受ける際の注意はこちらもご覧ください ▶

  • Q.妊娠中の歯の治療でレントゲン写真をとっても大丈夫ですか?
    妊娠初期はお腹の赤ちゃんのエックス線に対する感受性が高いので注意が必要です。
    しかし、むやみにレントゲン被爆を怖がって、レントゲン写真を撮らずに治療を進めると的確な治療が行えない場合もあります。
    また、歯科で用いるレントゲン撮影では、赤ちゃんに直接エックス線が当たることはないので、危険度は相当低いです。
    更に、防護用の鉛のエプロンを必ず着用していただくので、問題ありません。
    なお、最新のデジタルレントゲン装置なら、従来の1/4から1/10のエックス線量で撮影が可能となっています。
    当院でも、デジタルレントゲンを導入していますので、安心いただけます。

    レントゲンの詳細はこちらもご覧ください ▶

  • Q.妊娠中の薬の服用は、赤ちゃんに影響はないですか?
    病気にかかって、それが母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があれば、薬を飲み積極的に治療していく必要があります。
    幸い歯科治療で使用する薬(痛み止めや抗生物質)のほとんどは、妊娠中であっても比較的安全に使用できます。
    その中でも最も安全な薬をなるべく少量で効率良く使用して治療していくことを考え、薬を処方しています。

    歯科治療の薬はこちらもご覧ください ▶

  • Q. 歯科治療の麻酔は、赤ちゃんに影響ありませんか?
    歯科の局所麻酔では薬液の使用量も少なく、注射をしたその部分で分解されてしまうため、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。ただし、局所麻酔薬でアレルギーを起こしたことのある人や、気分が悪くなったことがある人は、事前に伝えるようにしてください。
  • Q. 妊娠して、口がねばねばした感じと口臭がきになるのですが?
    個人差がありますが、つわりで歯磨きがどうしても不十分となり、お口の中に違和感が生じる方が多いようです。
    また、女性ホルモンの影響によって、歯肉の腫れや出血が現れることに加え、唾液の分泌が変化することもあって、お口の中がねばねばして確かに口臭が増大することがあります。大切なのは、注意深く丁寧に口腔清掃を行うことです。
  • Q. 妊娠中なのに親知らずの歯肉が腫れて痛いです。
    抜かないといけないでしょうか?
    妊娠期は歯肉が炎症を起こしやすい時期であるのと、年齢的にも親知らずが問題となりやすい時期でもあり、大きなトラブルとなることも少なくありません。
    予防策としては、普段から歯磨きやうがいで親知らずの辺りを、特に清潔に保つことを心がけることですが、痛みや腫れが生じた場合はすぐに歯科医に相談してください。
    妊娠中は産婦人科の先生と共に相談して、基本的には極力抜歯をせずに頻回な消毒や薬の服用によって、腫れや痛みを和らげる方法で対応を試みます。
    また、女性の方には、結婚や妊娠する前に、思い切ってトラブルとなりそうな親知らずについては抜歯をしておかれることをおススメしています。
  • Q. 赤ちゃんの虫歯予防は、いつからスタートするのがいいでしょうか?
    虫歯の原因菌のミュータンス菌は、主に乳歯の生え揃う1歳6ヶ月から2歳7ヶ月頃に、特にお母様からお子様へと唾液を解して感染するといわれています。これを虫歯菌の「母子感染」と呼び、完全に避けることはできません。
    ただし、お母様の虫歯を治療・予防することで、母子感染によるソウキからの虫歯発生の危険性を減らすことは可能です。
    その意味では、お子様の虫歯予防は、実は妊娠中からスタートするのが最も理想的であるといえます。
    少なくとも、お子様の歯が生え始めるまでに、お母様のお口の中を清潔にして虫歯菌を減らすことが重要でしょう。
  • Q. 丈夫な歯を持つ赤ちゃんに育てることは可能なのでしょうか?
    赤ちゃんの乳歯の芽(歯芽)は妊娠7週目くらいの結構早い時期から作られ始めます。
    そのため、強くて丈夫な歯は、妊娠中のお母さんからの栄養が頼りです。歯の形成に必要な、たんぱく質やカルシウム、ビタミン類を多く含む食品をバランス良く食べるように心がけてください。
    また、お子様の虫歯予防はお母さんの手に掛かっています。妊娠中からのお母さん自身のお口の健康維持、それが生まれてくるお子様と家族全員のお口の健康につながって行きます。