横浜市 鶴見区の歯科医院「オータワ歯科クリニック」は、一般歯科をはじめ、小児歯科、義歯、インプラント、口腔外科、矯正、定期検診を行っており、中でも小児歯科に力を入れております。

診療科目

一般歯科

当院の一般歯科では歯科治療のみならず、様々な歯の病気を防ぐための取り組み(予防)も併せて行っております。歯科医療における予防のやり方は様々ですが、その中でも代表的なものは歯垢や歯石の除去です。歯の予防管理を進めていくことにより、長きにわたって口腔内の健康を保つことができます。患者様のニーズに答えられるよう、様々な診療科目をご用意しておりますが、
治療方針や内容は患者様によってまったく異なります。患者様お一人お一人に合った治療方法をご提案させていただき、安心して治療に専念してしていただけるよう、納得のいくまでご説明させていただきます。

小児歯科

当院ではなるべく削らない治療を心掛けています。たいていのお子様の歯は削ることなく、虫歯の進行を止める効果のある薬で治療することができます。詳しい治療の内容はお子様はもとより親御さんともよく話し合って決定いたします。
治療に当たってはまずは口腔内検診を行い、方針を決定します。また、場合によってはブラッシング指導をさせていただくことがございます。

矯正

矯正治療とは、歯の位置を骨の中で少しずつ調整することによって、歯並びを良くする治療のことです。出っ歯、受け口、乱杭歯などの審美的にも機能的にもよいとは言えない歯並びを、長い時間かけて少しずつ修正します。
矯正治療は大人が行っても効果がありますが、成長期に行うとより高い効果を得ることができます。適切な年齢は、お子様の成長具合にもよりますが、大体7歳ぐらいから始めると、抜歯や骨格的な問題を回避しやすいです。
当院の矯正治療は矯正認定医の榎田雅文医師が担当しています。矯正に関する相談も無料で受け付けていますので、まずはお気軽にご連絡いただければと思います。

義歯

義歯とはいわゆる入れ歯のことです。歯がない人にとっては失った歯の代わりとなるものであり、大きく総義歯(総入れ歯)と部分床義歯(部分入れ歯)に分類することができます。義歯の作成に当たっては、口腔の形を正確にかたどったうえで、義歯の形を微調整する必要があります。
■レジン床義歯:保険が適用されるプラスティック製の義歯です。
■金属床義歯:金属床義歯は薄く、精密で異物感の少ない義歯です。
■インプラント義歯:インプラント義歯はチタンの人工義歯です。
■ノンクラスプ義歯:ばねがなく、審美性が高く金属アレルギーの人でも装着可能です。
■パールクラスプ義歯:ばねがあり、耐摩耗性や耐汚染性に優れています。
当院ではフレキシブルデンチャーを行っております

笑顔に自信が持てる入れ歯

フレキシブルデンチャーとは、部分床義歯の中でも軽量で違和感が少ないことから、近年注目を集めている義歯です。通常の義歯と違ってばねが付いておらず、無味無臭でアレルギー反応が出にくいので、金属アレルギーの方に最適です。素材は義歯用の特殊なナイロンでできており、軽量で素が頑丈で弾力性があります。

<フレキシブルデンチャーの特徴>

●軽量で厚みもないので付け心地も良好。
●口にも、歯にもやさしく、痛みもありません。
●食事の際に歯の間に食べ物が挟まることも少なく、口腔内を快適に保つことができます。
●口元が自然なので、笑顔も引き立ちます。
●通常の義歯と比べて透明度が高いので付けていることが周りからはわかりにくく、審美性も良好です。

インプラント治療

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を作成して噛み合わせを回復する治療方法です。当院では快適な治療を受けていただくために、AQBインプラントを採用しております。

インプラントについて詳しくはこちら

口腔外科

口腔もしくはその付近は様々な病気が発生しやすい領域です。外科的疾患のみならず、内科的疾患も発生しえます。
口腔外科で治療する病気は埋伏歯、顎関節症、口内炎、良性腫瘍、粘液嚢胞、顎嚢胞などです。当院では患者様の治療負担軽減のため、低侵襲性の炭酸ガスレーザーメスを使用しています。治療方法は出血量が少なく、予後が良好なものをその都度選択していきます。

予防歯科

予防歯科ではプロケアとセルフケアの両方をバランスよく行うことを重視しています。プロの診察や指導を受けていればそれで大丈夫、というものではありません。歯科医院でのケアとともに、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた歯磨きや手入れを日常的に行うことが大切です。

なお、予防歯科の頻度は大体半年に1回程度が適切といわれています。どんなに少なくても、年に1回は受けるべきです。フッ素塗布は小児の場合年3回、成人の場合は年2回程度が望ましいとされています。